即時原発ゼロという無責任

馬鹿が大声でとんでもないことを言っているだけなんだけど、

”再稼働するとまた核のごみが増える。最終処分場がみつからない中ではすぐにゼロにした方がいい”
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL120Q7_S3A111C1000000/

何故かトンデモ発言に「何かやってくれそう」と期待する阿呆もいるわけで

もう一回まとめておきますけどね。

  1. 即時に原発ゼロは不可能です。
  2. 原発が動いていなくても電気は足りていた、と言うのは大嘘です。
  3. 再生エネルギーでは代替になりません
  4. GTCC(ガスタービン コンバインド サイクル)で発電量2倍ってのも間違いです。

1. 火力と原子力ってのは謂わば”基本給”です。共働きのお宅で父ちゃん(原子力)が営業停止処分を食らったような状態です。母ちゃん(火力)は既に引退していた爺さん(老朽火力)まで復帰させて食いつないでいますが、若いころと同じように働けるわけじゃありません。

2. 母ちゃんが必死で家計をやりくりして、ご近所にお醤油借りて(電力融通)必死で食べさせてきたのに、爺さんも無理をおして休まず働いてくれているのに、「母ちゃんが居れば十分食っていける。父ちゃん(゚⊿゚)イラネ」…ってアンタ鬼ですか。アクマですかちょっとは母ちゃんの苦労を知りなさい

3. 再生エネルギーが普及すれば原発は必要なくなる、という話をよく聞きますが。例えば中部電力メガソーラーたけとよの例でいうとナゴヤドーム3個分の広大な敷地を利用しても最大7,500kw。1972年に営業運転開始した武豊火力発電所 1基で最大375,000kwなので、老朽火力の2%程度しか発電できないということです。どうやって代替にしろと?

4. GTCCは確かに有望なんですが、メリットばかりが語られて肝心な燃料調達の問題があまり話題に登らないのがおかしいと思いませんか?また、GTCCってのは言ってみればフライパンで肉焼いたときに出る湯気で茶を沸かそう、みたいな話ですから、タービンを増やしたからって単純に発電量 2倍になるわけじゃありませんよ。

結局、火力で代替しつつ安全が確認された原発は再稼働するというのが最も現実的なんですけどね。

それでも再生エネルギーでまかなえる!とか思っちゃう奇特な人は、どうぞイケショップでソーラーパネル買って、太陽光だけでスマホ使ってみてください。単三電池で充電できたガラケーの時代とは違うんですよ。


カテゴリー: 日記, 時事ネタ, 未分類   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*