放射脳プロパガンダはもうウンザリ

もう本当にウンザリである。

原発憎し、放射能憎しは個人の勝手だが、なんでもかんでも放射能のせいにして、自分たちが傷つけている相手のことはまったく見えていない。

ことの発端は以下FBでシェアされてきた記事なんですが。
…しかも上長から回ってきちゃったらFBじゃ叩けないじゃないさ。

—- 発端、以下引用含む —-

ショウ サン(フォトエッセイスト 宇多嶋翔より)
<待ったなしが山積なんだよ!>
https://www.facebook.com/show21up5/posts/372514832870186

下記のシェアは家畜肉の例だが、日本が世界の
先端を行く養殖魚など昔気質の漁師は口にすると死を招くという

放射能が日々蔓延し蓄積し、肉も魚も農薬や育成促進剤などで
汚染され、もちろん野菜などは農薬で食できない。遺伝子組み
換え技術は今日では野菜のみに限らず、家畜や養殖魚などで
20年も前から関係者では知られている

—- 引用 ここまで —-

わかりやすく該当部分だけ抜き出したが、レイチェル・カーソンの「沈黙の春」を引き合いに自説を展開していたかと思ったら、本当にまったく脈絡もなく、突然、放射能という言葉が、しかもさりげなく混入されている。

そして、「下記のシェア」として紹介されているのがこの写真。

これでは、まるで放射能のせいで牛に腫瘍ができたように聞こえるではないか。いや、脊髄反射で生きている彼の人々なら喜んで「拡散希望!放射能でガンになった牛」とか RT しまくるだろうなぁ。

おいらは単にダイエットを啓蒙する写真だと思ってシェアしちゃったよ^^;
すぐシェア解除したけど。

さて、これ本当に腫瘍の写真なの?ってところなんですが。

シェア元のブログ(魚拓)でソースとして紹介されているのが、以下のポスト。

【魚拓】「If You Eat Meat, Look At This Picture」

まぁ友人の写真としか書いていないので、本当に腫瘍かどうかはよくわからん。

「beef in tomors」で google 先生に聞いてみると、「ホルモンや化学飼料?の過剰投与による影響で、関節や?に嚢胞や嚢胞がんを発症する」とコメントしている人がいる。

ということは「腫瘍」ではなくて「膿(ウミ)」なんじゃねーの?

…もう結論がでちゃっている気もするけど、もうちょい検証。

富山県食肉検査所には、白血病や有名なメラノーマの写真が載っています。うーん、上の写真とぜんぜん症状が似ていないですね。

富山県食肉検査所
http://www.pref.toyama.jp/branches/1283/syuyou.html

どうやらアメリカだけでなく普通に腫瘍が見つかることがあるようですね。検査場で一部、または全部廃棄にしているのは日本も同じようです。

ところで、どうして腫瘍ができるのか。

【魚拓】「病気寸前まで『生かされた』牛肉を食べる人間」

…ブログ主の主張はともかく(正しい情報かどうかわかりませんけど)、つまり牛さんの食生活が偏っていると腫瘍ができやすい、とでも言ってしまいましょうか。

……

3つ4つ紹介しましたけれど、ここまで「放射能」とか「放射線」って言う言葉が一度も出てきていませんよね?

もうやめませんか?放射能にこじつけるの。


カテゴリー: 日記, 時事ネタ   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*