気温は30年前と同じではありません。

http://togetter.com/li/337930

おいらみたいな貧乏人は 「自分が使う電気は自分で発電しる」 とか言われても困るし、今日みたいに

「熊谷の予想最高気温38度」

なんてインフルエンザ並みの気温になりそうなと時に

「エアコンはなるべく使わず扇風機を」

ってアホか、と思うわけですよ。 打ち水やカーテンや扇風機、換気扇も回してあれこれと 排熱・断熱を施したとしても、気温38度の時に 室温28度なんて実現できるのか、と。

再生エネルギー結構。 太陽光も風力も結構。 だけどソーラーパネルを付けて太陽光発電したからと言って 電力会社からの供給を止められるわけじゃないですよね。

それとも家庭用にマイクロガスタービンでも回しますか? この猛暑日に火力発電がガンガン化石燃料を 燃やし続けてるって、ぞっとしないですよね・

もしくは30年前の生活に戻ればいいですか? そこには(一般家庭の多くには)ケータイもパソコンも、 インターネットすら無いですよね。 1980年代の電子レンジやエアコンの普及率は40%~50%。

それだけ消費電力を抑えられれば原発なんか動かさなくても 電力は足りるでしょう。ただし気温は30年前には戻りません。


カテゴリー: 時事ネタ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*