2010.11.10 FZ400、永眠

ある日の朝のこと。

どうも最近クラッチが渋い感じがしていたので、出かける前にクラッチワイヤにラスペネを吹いたんです。

で、普通にエンジン掛けたところ

「シュルシュル…」

かすかな摩擦音が聞こえた気がした。しかも継続的に。

そこで気付けばよかったんだな、きっと。

で、新宿まで走ったところでやっぱり異音がすることに気付いた。

でも付近のバイク屋なんてわからないし、引き返すも進むも同じだとそのまま走った。

用事を済ませて帰ろうとエンジンをかけた時 決定的だった。

ガリガリとまるでPCの冷却ファンが壊れたような摩擦音。

慌てて近くのバイク屋に持ち込み、見てもらったが返ってきた言葉は全く予想外でした。

「…エンジンオイル無くなってない?」

え…。確かに最近クラッチ滑ったりはしてたけど

ワイヤーグリスとかチェーンの油切れだと思ってたっす。

まぁ今さら言っても「エンジンオイルが無い」ことから導き出される結果は変わらず

エンジン焼き付き

断末魔の悲鳴を上げるマイFZ君。

泣きながらグリップ握ったさ。

ダメ元で SF-Boon さんにも見てもらったが、返ってきた言葉は同じだった。

「余程の愛着が無い限りは修理はおすすめしません」

2010.11.10 FZ君 逝く 享年 7歳でした。

77,380km を共に走りました。

いろいろ事故ったり、

その度に「顔」を付け替えたり

フロントホークも換装したね。

タイヤなんてマッハさんで5月に換えたばかりでした(泣

10万kmまで乗ってあげられなくて、ごめんな。

というわけで、もう FZ400 を降ります。

辛いからもう同じバイクに乗ることはできないけど、

本当にいいバイクだった。

今まで本当にありがとう、FZ君。

……

spacer

さーて次は FZ6 fazer S2 かなぁ?(*´д`*)ハァハァ

fz6 fazer s2


カテゴリー: fz400, fz6s2, バイク   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*