公開日: 2014年3月16日 23:28:59
最終更新: 2014年3月27日 15:49:06

ブレーキパッド交換

なんだか最近、フロント周りが渋いというか、ガタガタと落ち着かない感じがして、気になってはいたんですが、タイヤの段付き摩耗のせいだと思っていたんですね。

よくよく確認したら、ブレーキパッドがなくなってました(๑ ̄∀ ̄)

いつもならオイル交換のついでにやってもらうんですけれど、今回はかなり緊急の予感。それに、パッド交換くらいで高い工賃を払いたくありません。

ってことで、Webike で安く仕入れて自分でパッド交換することにしました。
…消費税アプするまえにタイヤ&チェーンも交換しなきゃいけないしね。

まずはブレーキキャリパーを外します。キャリパーは 12mm のボルト 2本で固定されています。

fz6_brake_01

また、ブレーキホースを留めているクランプを外しておきます。こちらは工具無しで外すことができます。

fz6_brake_02

ブレーキディスクを傷めないように、慎重にブレーキキャリパーを外します。

fz6_brake_03

ここからはだいたい FZ400 のときと同じですが、

  1. βクリップ(「β」の形をしたピン)×2 を外します。これでブレーキパッドピンが外せます。
  2. ブレーキパッドピンを抜き取ります。外れにくいときはヘキサゴンレンチなどを当てて押し出せばよいでしょう。
  3. ブレーキパッドピンを抜くと、ブレーキパッドスプリングとブレーキパッドが外れます。

fz6_brake_04

キャリパーはスラッジ(ブレーキパッドの削りカス)などで汚れていますので、硬めのブラシでしっかり汚れを落とします。

fz6_brake_05

ちなみにこちらが外したブレーキパッド(右側)
1mm 程度しか残っていませんでしたが、きれいに削れていますw

fz6_brake_06

こちらは左側のブレーキパッド。なぜか不均等に削れています。しかも残り 0ミリ(;^ω^)
タイヤの段付き摩耗の影響でしょうか。

fz6_brake_07

さて、キャリパーをきれいに掃除してから新しいブレーキパッドを組み付けます。

  1. ブレーキパッドとパッドスプリングをキャリパー内に配置します。
  2. キャリパーにブレーキパッドピンを差し込みます。
  3. βクリップ×2 をブレーキパッドピンに差し込みます。

ここだけピカピカ…なぜか全くブレーキ鳴きも無いのでブレーキグリスは使用していません。もしブレーキ鳴きが気になるなら、ブレーキパッドピンや、パッドとピストンの接地面に薄くブレーキグリスを塗るとよいでしょう。

fz6_brake_08


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*