公開日: 2014年3月24日 14:39:02
最終更新: 2014年3月27日 15:49:14

タイヤ&チェーン交換 (BT-023→GPR300)

2回めの車検も年末に差し迫る今日このごろ(汗)走行距離も約32,000kmとなりました。

街乗りがメインのため、どうしても段付き摩耗してしまう、FZ2号くん。中低速でハンドルがブレブレになるなど「自覚症状」がでていることもあり、どうせなら消費増税前に大きな買い物は済ませておこうと、マッハに電話。

今回選んだタイヤは DUNLOP の GPR300。今年 2014年の 3月 1日 に発売開始されたばかりだそうです。

GPR-300_pict

DUNLOP の GPR シリーズといえば、FZ400の時から GPR70、80、100 と履いてきた「いつものタイヤ」。FZ6S2 に乗り換えてからは標準装備の BT-020 や後継の BT-023 を装着してきましたが、ここらでちょっと原点回帰(?)してみようかと。

…単に安かっただけなんですけど。(´・ω・`)

FRONT: 120/70ZR17(58W)
REAR: 180/55ZR17(73W)

ついでにバルブ交換(¥500 ×前後)とチェーン交換をお願いしたら

…ギギギ あんちゃん熱いー火の車やーーー:(;゙゚’ω゚’):

占めて ¥58,500- なり~

fz6 rk gold chain

RK のゴールドチェーンが高すぎるんや!!

仕方が無いのでクレジットカード分割払いを申し出るも、手数料無料の 2回払いは受け付けてもらえず 3回払いに…。結局、消費増税分より高い分割手数料を支払うハメになりそうです。
_| ̄|○

……まぁ不満はとりあえず置いておいて、ファーストインプレッション。

トレッドパターンは従来タイプを踏襲しています。フロントもリアと同じパターンで、真ん中一本線とかありません。最近のタイヤはこのタイプばっかりですねー

fz6 gp-r300 front fz6 gpr-300 rear

BT-023 と比較すると、BT-023 のガッチリ路面を掴んで走る感覚に対し、GPR-300 は接地面を”点”で捉えている感覚。カーブでは沈み込んで曲がる BT-023 に対し、スッと倒しこんで曲がる GPR-300。

少し空気圧を高めにしてくれているのも影響していると思いますが、やっぱりちょっとフワフワ走る感覚があります。それでいてまるで滑る不安が無いので、たぶん調子に乗ると危ないタイヤなんでしょうね(笑)

街中をまっすぐにしか走らないワタシにはよくわかりませんけれども。(ぉぃ

帰りにバカスクに煽られてカチンときて、ぬふわキロまで張り合いましたが、高速での安定性も高く、やっぱり調子に乗ると怖いですww

dunlop led light

DUNLOP のタイヤを装着したオマケで LEDランタンを頂きました☆

あまり FZ6 でのインプレを見かけないですが(FZ6 自体がマイナー…もごもご)、間違いなく良いタイヤです。タイヤ交換を考えていらっしゃる方、ぜひ試してみてください(๑´ڡ`๑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*