公開日: 2012年8月6日 00:57:48
最終更新: 2014年3月20日 12:52:21

プラグコード換装

NGKワーケーブル

特に始動性に問題は無かったのですが、言われるとやってみたくなるのが人の性。NGKのパワーケーブルをつけてみました。やり方は意外と簡単、パワーケーブルについてる説明書どおりにやればいいです。

1. ートを外す

鍵を開けて外すだけですね^^;

2. 料タンクを降ろす

ハンドル側の8インチのボルトを外して浮かせ、タンク下部につながっている給油ホース(×2)とセンサーのカプラーを外します。

…ガソリンが少ないときにやった方がよいです。

ドレンホースとカプラーが外せたら、シート側のシャフトを抜いてタンクを降ろします。ホース内に残っているガソリンが多少漏れてきますのでウェスをあてがっておきましょう。

3. 純正のラグキャップをはずす

無理な力をかけないように。垂直にそっと抜きましょう。

4. ワーケーブルを装着

純正のプラグケーブルを、イグニッションコイル側を10cmくらい残してぶった切る。さあ、切ったらもうあの頃には戻れません(何)覚悟を決めましょう。

切った先にパワーケーブルをジョイントで接続します。ぐりぐりねじ込んで、奥まではいったらおけ。ジョイントは方向性があるので注意。

5. ジョイントャップを装着

スパークプラグにジョイントキャップをかぶせます(ネジ止め)。キャップをつけてからだと、車載のプラグレンチは使えないので注意。

6. ラグカバーを装着する

プラグキャップを元通り装着します。

青いケーブルがNGK パワーケーブル。102度タイプもしくはストレートタイプが適合。102度タイプが売ってなかったので、ストレートにしました。ケーブルのたわみも考えて、少し長めにしておいた方がよいかも。

つなげる順番に注意。

始動性は……体感できません(T▽T) もともと調子は悪くなかったもので。ただ、純正のプラグキャップより防水性が低いような気がします。取り付け方が悪いのかもしれないけど。