公開日: 2012年8月6日 00:35:17
最終更新: 2014年3月20日 12:35:35

ブレーキパッド交換

レーキパッド交換・掃除

ブレーキ鳴きがひどかったのでバイク屋に持ち込んだところ、パッドが残りわずかとの事。結局前後あわせて3組交換+工賃で2万近くぼったくられてしまった。

命綱となるパーツだけに素人が触っちゃいけない、と尻込みしそうなとこだけど、交換や掃除くらいなら意外に簡単にできてしまう。

フロントダブルディスク

  1. β ピンをはずします。パッドピンに刺さっている「β」の形をしたピンです。プライヤなどでまっすぐ引き抜きましょう。
  2. βピンが抜ければパッドピンがフリーになります。パッドサポートを軽く抑えながらパッドピンを引き抜きます。

    brake02
  3. 軽くピストンを押し込みながらブレーキパッドを引き抜きます。
  4. ブレーキキャリパを組み付けてある2本のボルトと、ブレーキホースを固定しているボルトを外します。
  5. キャリパ周りのスラッジを歯ブラシできれいに掃除します。汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤で水洗いします。ただし、洗剤が濃すぎるとシールを痛めたり、必要な油分まで洗い流してしまうので注意してください。
    brake3
  6. 軽くブレーキレバーを握ってピストンを押し出して溝に溜まったスラッジも落とします。ピストンが飛び出さないよう注意。
  7. ブレーキパッドは面取り(パッドの角を金ヤスリで落とす)します。装着する前に、ピストンが当たる部分に薄くブレーキグリスを塗っておきましょう。

    brake4
  8. パッドピンにも薄くブレーキグリスを塗っておきます。
  9. ピストンを押し戻して、外したときと逆の手順で組み付けます。組み付けたら、ブレーキレバーを何度か握ってアタリを付けてください。これ、やっておかないとブレーキが効きません(汗)