まーた甲状腺異常を喜んでいる奴がいる。

なにか騒がしいと思ったら、また甲状腺異常のニュースですかぁ

「甲状腺がん「確定」12人に 福島18歳以下、疑いは15人 」(47news)

何回同じこと聞いたかわからんですけれど↓
PKAnzugせんせが一言

@ 癌検診なんかでも甲状腺癌は一番頻繁に見つかる癌ですし、良性の甲状腺疾患も含めたらそれこそかなりの頻度で見つかりますよ。特に女性は多いです。

「確定」ってことは検診針を刺して細胞診の結果。

つまりは「しこり」が検診針を刺せる大きさまで成長していたということ。

たった3年で?

甲状腺乳頭癌(甲状腺がん全体の90%)であれば、10年20年かけてゆっくり成長していく進行の遅い癌ですから、福島原発事故を起因とするには進行が早すぎます。

未分化癌(甲状腺がん全体の1%程度といわれる)であれば、逆に進行が遅すぎますし、3年生存率はわずか10%、半数は1年以内に死亡するとも。
『六号通り診療所所長のブログ「甲状腺未分化癌の話」』(2009年1月7日)

そもそもよく比較されるチェルノブイリの例にしても、4年後ごろから急激に増えたわけでもないし、事故隠ぺいによって汚染された食物を食べ続けた結果の内部被ばくが原因といわれています。

しつこいようですが、
早野龍五先生らの WBC 調査結果をみても内部被ばくは検出限界以下でN/D、
MIT(マサチューセッツ工科大学)や WHO の報告を見ても
『福島原発事故による人体への健康被害は考えられない』
としているわけで、そもそも甲状腺がんを発症するほど被ばくしていません。

調査報告の数字ひとつに一喜一憂して大騒ぎするんじゃなくて、「早期発見で不安の芽を摘むことができた」とポジティブに考えませんか。…まぁ原発事故関係ないけど。


カテゴリー: 時事ネタ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*